2008年09月20日

それはそれ

あなたはまだ知らないけれど、私も同じ運命なんだよ。
どうしてだかこんな時に私達、前に押し出されることになってさ。
頑張っても々、何の得にもならないのにね。
何のために一生懸命になっているのか分からないけど、、、。
誰のためでもなく、自分の誇りのため、懸命に生きた証のためにね。

怖いものは何もないね。
お互い、いずれは消えてしまう運命なのだから。

駆け引きも損得も、魂胆も打算も、何もないから楽なのさ。

時代の渦の外側から見る景色は面白いね。そこに一人々の、それぞれの本音が見え隠れしてる。

大変な中にもきっと、私のことだから、楽しみを見つけてやっていくからね。
失敗してもそれはそれ。
なんとかなるさとくくります。
posted by 佐恵子 at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐恵子さん


「誰のためでもなく、自分の誇りのため、懸命に生きた証のためにね。」
現役は厳しいことが多いですね、新しい知識があふれ、戸惑う事も覆いですね、若い力を羨ましく思う事もたびたびです。
でも、でも、頑張る自分を自分で誉めながら・・・・。
時々、無理しながら時々、休みながら頑張ってくださいね。



今日は9月23日。
夜勤明けのクタクタの体を引きずりながら、ふと見上げた、雨上がりの空。
今日は記念日ですね、つまごいのあの日。
私には、もうひとつ、娘夫婦の結婚式の日。
つまごいの前の年は娘の結婚式でした。
突然の婿殿の転勤で娘たちの結婚生活は始まり、結婚式をしてない事を気にしていた婿殿。
元気で仲良く。
それだけが願いのハハは満足していました。
結婚式の日、朝からの雨、チャペルでセレモニーでは晴れ上がって・・・・青空。
9月23日の青空・・・・私の宝物です。
Posted by haha at 2008年09月23日 21:15
hahaさんへ
今日はhahaさんにとっては家族の記念日でもあるのですね。
娘をお嫁に出す母の気持ち、どんなものなのでしょう。安堵と淋しさとが入り混じって、複雑なのかもしれませんね。2年前もきれいな青空でしたね。娘の幸せが母の幸せですね。

あの場所で感じた全てが今の自分を支えているように思います。
何か、変われる、変わらなければと、自分を見つめなおした日でもありました。

仕事では中国地区の代表の役を命じられ、不安と緊張の日々です。まだこれからですけれど。
体をいたわりながら、時々無理しながら、やすみながら、やっていきましょう。
Posted by 佐恵子 at 2008年09月23日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106855859

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。