2008年04月11日

そして誰もいなくなった

さみしいよ。
毎日多くの人と関わっているのに、
ほんとの気持ちを見せられる人がいなくて。

人恋しくて、友達を集めてお酒も飲んだけど
もう昔みたいに分かり合えなくて
一人でいるよりもつらくなった。

さみしいよ。
家族もいるのに、
やさしく温めてあげられなくて。

あたりちらして、一人でからまわり。
こんな私は大嫌い。

この頃は、思春期の少女のように不安定。
さりげない私を保つのに精一杯。
愚痴ってばかりで、いつの間にか誰もいなくなった。

大人のくせに、ほんとさみしがりやで困ります。
一人の時間ができると困ります。
posted by 佐恵子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック