2017年03月20日

リンゴ

 本当は、本当はあのころから私達、お互いに認め合っていたんだと思う。
あなたはいつだって合理主義で、無駄なことが嫌いだった。私はどうしてだか、世話好きで意味のないことが好きでね。
それでいつでも話をすれば衝突してしまう。

「どうしてそんなに、生徒会とか委員会とかの活動が好きなんだ。自分のことに一生懸命になってればいいのに、君はお節介がすぎるんだよ。」と、中学生のころには言われたっけ。

そんなあなたが、高校2年生になったとき、「俺たちのバスケット部のマネージャーやる気ないかい。」って言ってきたから、驚いたし、なんだかやけに腹立たしかった。
「私には私のやりたいことがあるのよ。何でもかんでも、人のお世話が好きではないんだから。なんで私があなたのクラブのお世話しなければいけないの。お節介おばさんみたいな私のこと、嫌いだったんでしょ。」と言い返した。

マネージャーは断ったけれど、「ごめんな。そんなつもりじゃなかったんだよ。」と素直にあやまってきたあなたのこと、なんだか気になり始めて、いつの間にかよく話すようになり、一緒に帰るようになり、休みの日には図書館で勉強教えてもらったりするようになって、付き合ってるって感じになったんだよね。

学校で見るあなたは鋭い目で、周りを威嚇するようなポーズでいたね。勉強もバスケも頑張っていたし、部活の友達をとても大切にしていた。

「君は自分のやりたいことがいつもはっきりしていていいね。俺はまだまだ自分で自分がわからなくなることがあるから、なんでも頑張っていないと不安なんだよ。」
そんな本音を私だけに打ち明けてくれたっけ。

あなたは東京の大学に進学し、私は大阪で専門学生になった。お互いに忙しくしていたけれど、時間を作って会うようにした。
硬派なあなたは自分の下宿には私を入れず、デートはいつも映画館や図書館だったね。最終の新幹線の時間まで、駅の喫茶店で時間をつぶして、ホームでさよならをするのが常だった。
けれどある日私が風邪をひいてしまって、帰りの時間が近づいたころには熱が高くなって、しかたなくあなたの下宿に泊めてもらうことにした。熱っぽくなって火照った体をあなたは優しく抱いてくれた。
あなたの部屋には冷蔵庫があったけれど、ほとんど何にも入っていなくて、のどがカラカラになったという私に、実家から送ってきたというリンゴを出してくれた。
リンゴの皮を切らないようにむくんだと慣れない手つきでむいてくれたね。途中で私と交代したけど、あなたの方が上手にできた。
二つに切ったリンゴをかじる。熱っぽい唇を果汁が潤す。唇からリンゴを離して、あなたの唇が私を潤す。
その夜私の熱は上がりっぱなしだった。その後私は熱が下がるまで、あなたの下宿にいたんだっけね。

一つのリンゴで私たちは一つになれた。


同窓会であなたに会って、今の仕事のこと、家族のこととかをお互いに報告した。
「相変わらずやりたいことをやって頑張ってるじゃないか。」と、褒められて、ほかの誰から褒められるよりも嬉しかったこと、きっとあなたは知らないでしょ。
続きを読む
posted by 佐恵子 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

白のロングコート

洋服箪笥の奥にしまい込んでいた白のロングコート。
JRでの通勤になって、着てみようかと思った。
上等のコートだったはずだけど、テーラーの襟が細くて、なんだかレトロなかんじ。
箪笥の中で30年以上出番がなかったコートだもの、仕方ない。
どうして今まで捨てなかったんだろう。
最後にこのコートで出かけたのはいつだったのだろう。
ぼんやりと思い出してみる。

そう、あの人に「終わりにしよう。」と言われた、あの冬の日に着ていたんだ。
コートの中には、白い花のモチーフをつないだ後ろボタンのブラウス。
そして、赤いカーディガン。
白いコートの中は、白いブラウスがおしゃれだと決めていた。

もう、あの人が私とは別の人を好きになっていることは知っていたのに、
それでも最後にもう一度だけ会いたくて。

とても寒い日だった。

どうして捨てられなかったのかということさえも忘れていたけど。

袖を通してみると、あの日のせつなさが蘇った。
箪笥の奥の白のロングコートは、心の奥の忘れかけた青春の傷み。

あの頃の一途な情熱と、ときめきがなつかしい。

もう2度と着ることもないだろう、白のロングコート。
ずっと捨てることもできないだろう、白のロングコート。
posted by 佐恵子 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

夏の海

海沿いのひなびたホテル
今はもうないのです

夏の海と蒼い空を見ると思い出す

若かった日の息苦しいときめき
海の底に沈めたあの日の想い

夏の日の海のさざ波は眩しくて

もう2度と戻れないあの頃を懐かしむ

夏の海を前に見たのはいつだったろう

その深い藍色に魅せられたのはいつだったろう

あの人の瞳と同じ夏の海の色


posted by 佐恵子 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

祭りのあと

イベントは終わりました。
大成功、とはとてもいえないけれど、スタッフをかってでてくださった皆さんの、全力の協力がうれしかった。私の頑張りも、みんなにはわかってもらえたようです。色々ハプニングもあったけれど、何とか々、無事に終わることができました。

イベントの後は、研修が続き、四国松山へ出かけました。瀬戸内海を渡る船の中で、やっと一人になれたみたいで、これまでのあわただしい日々から少し解放されました。ぼんやりと海を見ていると、イベントのスタッフとして頑張ってくださった方から電話があって「先生、本当にお疲れ様。良く頑張られたね。」と優しい言葉をかけていただきました。電話を切ったら、わけもなく涙が出てきて、一人デッキに出て思いっきり泣きました。どうしてなのかわからない、これまでの追われる日々の中でうっ積していたものがあふれ出たのでしょう。

終わってしまえばあっけないもの。最後の後片付けを責任もってしたいものです。
祭りのあとの淋しさは、人の優しさが心にしみます。
posted by 佐恵子 at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

も少し幸せに 幸せになろうよ

知らず知らずのうちにまた、少しずつ変わっていくのでしょう。
お互いに忙しい。責任も課せられて。
向かい合って食事をしていても、心は別のところにあるのよね。

いつも、一緒にいたかった。
それが、一人の時間が大切になる。

あなたの悲しみはわたしには分からなくて。

わたしの迷いはあなたに説明できそうもない。

向き合っていると、息苦しいね。
二人で同じ方向へ向かっていたころがなつかしい。

もう少し時間が過ぎて、もう少しゆっくりできるときがくれば、
また、もとの二人でいられるはず。

夜空を見ながら、お酒でも、、、。

も少し幸せに、幸せになろうよ。
posted by 佐恵子 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

山桜のように


春は一進一退、桜のつぼみも膨らみかけては硬くちじこまり、誰かの心の中みたいに足踏みしてる。
一人で頑張ってみても、誰も私のことなんて知らんぷり。
それでも、人知れず咲く山桜のように、ひっそりと、いつか咲かせたいのです。

なんとかなるさ。どうにかなるさ。

今は、静に春を待ちます。















posted by 佐恵子 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

切り口

自分を抑えて、自分らしさを失わず。

作り笑顔がじょうずだね。
物腰低くて謙虚だね。

本当はどうなのか教えてよ。

あなたに頼ってばかりいられない私。

強気で捨て身なあなたに負けられない。

さぐりあいはやめたいね。

あなたのようにしたたかになれない私。

真っ直ぐな気持ちをぶつけるしかないのです。


posted by 佐恵子 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

今はまだ語らず 10月13日

心を尽くして懸命にやってます。
連休も家にこもって、頑張りました。
私の試練が始まります。
ひたむきな時は、語ることも忘れて
ただ、ただ前を見て行くだけ。

これからどうなるのかわからない。
それでも、一つ々やっつけてゆくだけ。

空にはきれいなお月様。
金木犀の花の香りが秋の深まりを知らせてくれます。

季節の移ろいに癒されながらも
今は何も語らず、ただ前を見て進むだけ。

目の前にもまだ道はなし。
posted by 佐恵子 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

人が好きやけね〜

「ようやった!」と背中をなでてくれた人。
「お疲れ!」とグラスを満たしてくれた人。
何も言わずに目立たぬ所にいてくれた人。
「最高だった」と二次会で酔いつぶれてた人。
皆に助けられて、幸せだった、うれしかった。

快調なスタート。
プレッシャーも笑顔で吹き飛ばしてやった。

温かい笑顔、大らかで、機敏な動き。
できる男達は素敵。

絶妙なチームワークで乗り切るよ!

人が好きやけね〜と歌ったりもしてね。

posted by 佐恵子 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

それはそれ

あなたはまだ知らないけれど、私も同じ運命なんだよ。
どうしてだかこんな時に私達、前に押し出されることになってさ。
頑張っても々、何の得にもならないのにね。
何のために一生懸命になっているのか分からないけど、、、。
誰のためでもなく、自分の誇りのため、懸命に生きた証のためにね。

怖いものは何もないね。
お互い、いずれは消えてしまう運命なのだから。

駆け引きも損得も、魂胆も打算も、何もないから楽なのさ。

時代の渦の外側から見る景色は面白いね。そこに一人々の、それぞれの本音が見え隠れしてる。

大変な中にもきっと、私のことだから、楽しみを見つけてやっていくからね。
失敗してもそれはそれ。
なんとかなるさとくくります。
posted by 佐恵子 at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

その日まで

いつのまにか空は高く澄みわたって
コスモスが風に揺れて

もう9月も半ばになり
めまぐるしい毎日に追いかけられながら
好きな歌に励まされながら
先を先を見ている

頑張れ私
振り返ることもしないで
やれるだけのことをやるだけ

いつかあの人のように
もう頑張らなくていいと思える日まで

あの人に向けた想いも
残された日々に注ぎ込もう
あと2年
大好きな私の居場所の期限

頑張れ私
懐かしむこともしないで
前を見て進むだけ
posted by 佐恵子 at 00:31| Comment(4) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

悲しい涙を流している人は きれいなものでしょうね

「くやしかったね。」と言って肩をたたくと
こらえていた気持ちがあふれて、はらはらと頬をつたった。
二十歳の君の涙は、きらきら輝いていたよ。

あんなに練習したのに、緊張して力を出しきれなかった。
「努力は裏切らない。」と教えてきたはずなのに。
「失敗をおそれるな。」と気持ちを押し出してやることができなかった。
君の結果は、私の力不足。

これで終わりじゃないんだよ。
美容の仕事の素晴らしいは、いつも先を々を考えて前に々進むこと。

君の頑張りはいつかきっと実るはず。

きらきらと君の頬で輝いた涙、きれいだったから。
posted by 佐恵子 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

ねむれない夜

一時間おきに目が覚めるという君。
夢を求めてきたはずなのに、その夢におびえているのか。
人一倍努力してきたはずなのに、輝きを失って。
何か言葉をかけて、楽にしてやりたい。
それでも、結果が出なかった時の君の落胆を思えば、投げやりなことは言えなくて。
「いつもどおり、平常心で、無心に無欲に臨みなさい。」としか。

私の無力さを思い知らされながら、
祈るような気持ちで本番を待っている。

コンクールも楽しんでしまおうよ。
君の人生、これからのほうがずっと長いんだから。

心の中で、「努力は裏切らない」と信じているのだけれど。


ねむれない夜はいつまで続くやら。
posted by 佐恵子 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

言霊

きっとまた、返って来てくれるよね。

願いは、言葉にして何度も口に出してみる。
そうすればいつかきっと叶うから。

あの人はきっとまた返って来る。
きっと元気になって返って来る。

そしたらみんなも楽しくなって、また集まって来ることでしょう。
それからわたしもときめいて、また追いかけて行くでしょう。

いつかまた、新しいあの人にきっと、きっと会えますように。

もしかしたら、
あの人が見ているかもしれない夜の空を見上げて何度も何度も、、、。

posted by 佐恵子 at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

そして誰もいなくなった

さみしいよ。
毎日多くの人と関わっているのに、
ほんとの気持ちを見せられる人がいなくて。

人恋しくて、友達を集めてお酒も飲んだけど
もう昔みたいに分かり合えなくて
一人でいるよりもつらくなった。

さみしいよ。
家族もいるのに、
やさしく温めてあげられなくて。

あたりちらして、一人でからまわり。
こんな私は大嫌い。

この頃は、思春期の少女のように不安定。
さりげない私を保つのに精一杯。
愚痴ってばかりで、いつの間にか誰もいなくなった。

大人のくせに、ほんとさみしがりやで困ります。
一人の時間ができると困ります。
posted by 佐恵子 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

10年では不完全燃焼。
このままでは未練たらたら。
今度だけは男に生まれればよかったと、、、。
まだまだ、諦めがつかないけれど、
時間をかけて心をなだめていこうと思う。

残された日々を精一杯、逃げないで、
無駄と思えることも、自分のためにやってみよう。

いつかまた、伸びやかな気持ちで明日に迎える日も来るだろう。

誠実に、ひたむきに生きていればまた良いこともあるよね。
また、熱くなれるもの、見つかるよね。

くさくさしないで、誰のせいにもしないで、現実を受け止めて、
自然を感じながら、空を見上げてゆこう。



今はどの辺りだろう、どの辺まで来ただろう

叫びたいデカイ声で

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう





posted by 佐恵子 at 09:50| Comment(6) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

唇をかみしめて


もう、逃げ出したい。
これまでやってきたことは何だったのかわからなくなった。

私はただの操り人形。
言われるままに、されるがままに演じて、
舞台が終われば、捨てられる。

もう、操られるのはごめん。
欲や、恨みや、魂胆に巻き込まれるのはごめん。

これからどうしていいのかわからない。
もう、誰にも頼らずに、誰の言いなりにもならないで
私らしく生きたい。

私の世界では、しがらみなどいらない。

裏切ったり、裏切られたり、
そんなところから逃げ出したい。

もう何も言わないで。
自分だけきれいでいようなんて、無理なのよ。

こんなところで私をあてにしないで。


posted by 佐恵子 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

舞姫

私、だあれも信じちゃいないの。
いろんな人に優しくされても、それは多分それ以上に愛してほしいから。
だれもみな、自分が一番大切で
ホントの私を知ったなら、きっとみんないなくなる。

男の人に好かれる方法ならわかっている。
それでいろんなことがいまくいくこともあるから。
でもね、ほんとは淋しいの。
かわいがられても、愛されることはないから。

私には踊り続けることしかできないの。
通り過ぎていく人を追いかけることもしないで。

だあれも見てくれなくなっても
私には踊り続けることしかできないの
そう、折れるまで。
posted by 佐恵子 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

藍色のベスト

あなたの瞳、深い深い海の色
その色と同じ毛糸を見つけて
お誕生日にベストをプレゼントしようと
ぶきっちょな私がはじめて編みあげた。

しゃいなあなたには
派手なパッケージは嫌われそうで
どこにでもあるような紙袋に入れて
放課後に渡した。
その紙袋、いつまでも机の下に置きっぱなしで
なかなか持ち帰ってもらえなかった。

「やっぱり、私のこと好きではないのね」と
つらい気持ちでながめていた。
交換日記も途絶えがちになって、
放課後のデートも少なくなって。

「また、もとの友達にもどろうよ。」
と言われて、なんにも言えずに涙だけこぼれた。

クラスメイトだったから、毎日あいさつはしたけれど
心は離れていった。
もう、恋人に戻れない。

夏休みに、あなたの野外ライブを見に行って
それから、皆が帰ってから、二人でいろんな話しをしたね。
あなたが少し卑屈なことや、寂しいわけを教えてくれた。
それで、そんなに瞳の色が海の底みたいに蒼いんだとわかった。
時々きらりと光るその瞳が、心の底を見透かすようで
怖いほどだったけれど
私はそこに惹かれていた。

高校3年の最後の文化祭にあなたのバンドが出場すると聞いて
もう、話すこともなくなったけれど見にいった。
体育館のステージに出てきたあなたは
白いシャツの上に藍色のベストを着ていた。
ローリングストーンズの曲を歌った。
ステージのライトの下で、藍色の瞳がキラリと光って、
私を見てくれたような気がした。
藍色のベストが似合っていた。
posted by 佐恵子 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

娘へ

あなたを見ていると、若かった頃の自分を思い出します。
がむしゃらだった、不安だらけだった、自己嫌悪のかたまりだった。
家族がいて、恋人がいて、それでもどこか充たされないような淋しさがあって、心がゆれていた。
本当の、心の真実を見極められなくて、迷っていた。

真実はさりげなく、朴訥で
かっこよくも、おしゃれでもなく、
ひかえめに、静に
あるのです。

思いやりとか、優しさとかをのりこえて
気付かないところにいたのです。

もう片方の心で
見失わないように、しっかりと
受け止めてくださいね。

裏切ぎるよりも
裏切られる方がいい。

自分をしっかりつかんだとき
そのときにきっとわかるのです。

もっと々苦しんで
自立したときわかるのです。
posted by 佐恵子 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | short story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。