2010年01月30日

ナンシーちゃん

小学校の2年生のクリスマスに、着せ替え人形のナンシーちゃんを買ってもらいました。着せ替え人形といえばリカちゃんが有名ですが、私は金髪で、グラマーなナンシーちゃんに心惹かれました。ナンシーちゃんの髪の毛はとても丁寧に作られていて、ゆるくカールしたブロンドが素敵でした。その髪の毛で、いろんなヘアースタイルを試しました。ポニーテールにしたり、三つ編みにしたり、アップスタイルにしたり。小学校6年生になるまで、ナンシーちゃんは私の大切な友達でした。
中学生になってからは、クラスの女の子の髪の毛をいじるのが楽しみでした。どうすればその子がもっとかわいくなるかを考えて、放課後の教室であれこれ試してみたものです。そんな遊びをとおして、いつか美容師になることが私の夢になっていったのだと思います。
こんなことずっと忘れていたけれど、この頃ふと思い出しています。
最近の私の仕事はデスクワークばかりで、夢からは遠ざかってしまいました。美容師の卵達を育てることも、しばらくはお休みです。先週は今年のイベントに向けての会議のため、東京へ行きました。8月まではまたお世話係です。
世の中を要領良く渡り歩く人に同調できなくて、会議でも本音を言わない人たちを心の中で軽蔑しています。いつまでも大人になりきれない自分を感じています。それでまた孤立してしまいます。媚びるのも、群れるのも大嫌いなのでしかたありません。

10年では不完全燃焼だったこれまでの仕事に、またいつか戻る日まで、ナンシーちゃんのブロンドを忘れないでいようと思います。

一人になっても自分を見失わないように、夢を忘れないように。
沈みがちな心をなんとか持ち上げています。
posted by 佐恵子 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

わがままな一日

今日は朝寝ぼうをして、自分一人だけの朝食を準備して、洗濯と犬の散歩を済ませ、美術館へでかけました。広島県立美術館は、明日まで「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」というのをやっています。私の好きなピカソ、シャガール、マティス、モディリアーノその他にも抽象画や、ポップアートなどの作品もあり、贅沢な時間を楽しみました。それから山奥の温泉で温まり、しっかり汗をかきました。
年末からお正月にかけて、家族みんなのために動き回っていたら、なんだか一日くらい好きなように過ごしたくなって、、、。今日は思いっきりわがままに過ごしました。私のわがままを許してくれた家族に感謝しています。明日からまた、良いお母さんになります。それから、良き妻にも。仕事も今週から本格的に始まります。今年もさらに激動の一年になりそうな予感がしています。一つ々をなんとかやっつけていくしかないですね。

ストレスを溜めないようにすることも、健康の秘訣でしょ。なんて言い訳ですけど、また元気が出てきましたよ。
posted by 佐恵子 at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

今年もよろしく!

明けましておめでとうございます。

「私の吉田拓郎物語」はタイトルを「心の破片(かけら)」に変更しました。

拓郎さんのファンであることに変わりはありませんが、それだけにこだわらず、ありふれた日々の心の日記を綴ろうと思います。今年も変わらずよろしくお願いします。

年末から、お正月にかけて、友達や知り合いの家族の様々な事情を知りました。みんな何事もなく幸せそうに暮らしているのかと思っていたけれど、50年も生きていれば色々なことが起こり、心配や悩みを抱えながらそれでも懸命に、気持ちを切り替えながら生きているのだと知らされました。
親の介護、引きこもりの子供、だんなさんの病気、孫の障害など、なぜかこの時期に知らされて。自分の大変さばかりにとらわれていたことが恥ずかしくなりました。努力しても、頑張ってもどうしようもないことを心に秘めて、それでも明るく前を向いて歩いているんです。

今年はどんな年になるのでしょうか。
またつらくなったらこのページに書き込んで、私もなんとか進んで行こうと思います。
心のかけらを綴れば、それだけで思いなおすことができるのです。

新しい年に新しい気持ちで、明るく進んで行きますね。
posted by 佐恵子 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

心の破片

今年はなんだかお正月の準備がはかどりません。仕事が休みになると、現実から逃避して、どこか遠くへ行きたくなってしまいます。大掃除もまだはかどりません。おせちの下ごしらえも、もたもたしています。
心が砕けて、まとまりません。
生きていくってことは、淋しいね。それでも、ネットのなかのコメントは、温かくて優しくて。私を気にかけてくださった方々、ほんとうにありがとう。どんなに励まされたかわかりません。
今年は試練の年でした。あまりにめまぐるしくて、すさまじくて、未だに心の疲れが回復しません。

ネットのなかは、現実とは違うもう一つの別の世界なのかもしれない。それでも、打算や駆け引きのない真実が見えることもある。心の破片を受け止めてくださった方達に感謝しています。

来年はどうなるのか、わかりません。必要とされる場所があるなら、行ってみようと思います。

拓郎さんもまた始めるようだから、このページももう少し続けていこうと思います。
あまり更新できなくなってしまったけれど、来年もまたときどき遊びにきてくださいね。

頑張り過ぎないで、がんばりましょう。
後二日、なんとか今年のけじめをつけるつもりです。
posted by 佐恵子 at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

明日の前に

もう12月。本当に一年が早いですね。
時々このページにきてくださる皆さんは、お元気でしょうか。私は先週からずっと風邪をひいてしまい、咳がひどくて、声がでなくなり、よく眠れない毎日が続いていました。幸い熱は高くなりませんでしたので、なんとか仕事も休まずにすみましたが、意欲がなくてつらい日々でした。なんだか、今年の疲れが一気に出てしまったようなかんじです。
体調が悪いと、終わったことばかりあれこれ思い出して、特に眠れない夜などは、少しも前向きな考えが浮かばなくて、くよくよしてしまいます。「あの人のあの言葉、心に刺さったなあ。」なんて、、、。

拓郎さんのラジオの日も、風邪薬を飲んで、布団の中でうつらうつらしながら聞いたので、ぼんやりとしか覚えていません。でも、拓郎さんは元気そうで安心しました。

まだ今年やらなければならないことが残っています。早く元気になって
ちゃんと終わらせなければ。

♪いろんな言葉に まどわされました
枯葉の舞う音も 覚えています
一人でいてさえも 悲しい町で
愛をみつけても 言葉がないんです

あ〜あ人生は 一人芝居
いつ終わるともなく 続けるだけです

あ〜あ人生は めぐるめぐる
いつ安らぐのかも 夢の彼方へ

なつかしい歌、今の心に響きます。

少し自分をいたわりながら、無理しないで頑張ります。あと少し。
皆さんも、年の瀬のあわただしい日々でしょうが、どうかお体を大切にして、楽しいクリスマスとお正月になりますように、お祈りしています。

posted by 佐恵子 at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

みんなみんな終わっちまった

今年最後の大きなイベントが無事終了しました。
ほんと、大変だったけれど、よくやった私。
全国のたくさんの人たちと関わりました。いろんな想いを受け止め、投げかけました。終わった今もまだそれらが心の中で渦巻いています。
みんな懸命に取り組んだのだから、あれで良かった。第1回でみんな手探りだったけれど、なんとかなったから。
もう、流さなければまた前に進めない。
皮肉や、意地悪も言われたし、批判や文句もたくさん聞きました。そんなこと気にしていられないほどあわただしかったのだから。
今回のイベントで、見えなかったものも見えました。知らなかった本質も分かりました。
全部どこかに捨ててしまいたい。なかなか気持ちが切り替えられません。休日になるとめまぐるしかった日々が思い出されていけません。
私は最後まで私を貫けたことに誇りをもっています。

少しお疲れ気味の心を連休で回復させなければ。
白い夜もいつか明けるでしょうから。
posted by 佐恵子 at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

そして明日から

まだまだ、これからを摸索しています。
これから先、どう生きていきたいのか。
追われるように日々を過ごしているうちに、自分が本当にやりたかったことを見失っていたような気がしています。与えられた仕事に、妙にむきになりすぎて、大切なことが見えなくなっていました。
家族が大切、でもそれだけではだめ。それだけでは、生きてる気がしない。
けれど、仕事だけでも私は私でなくなりそう。欲張りですね。

私を必要としてくれるところがあって、なんとかまた、やってみようかと思います。どこまでやれるのか自信はないけれど。50歳の体力でどこまでできるのか、わからないけれど。
またもう少し突っ走ってみようかと思っています。

20代は悩んでいた。30代は、あせっていた。40代になって迷っていた。
50歳の今もあまり変わってないけれど、なんとか続けてみようと思います。家庭との両立はとても大変だけど。

この頃は心が動かされることが少なくて、目の前のことを追いかけているうちに、季節も変わっていました。
こんな毎日がこれからもずっと続くのかと思うと、少し淋しい気がします。ゆったり、心豊かな生活はもっとずっと先なのでしょうね。
懸命に生きていれば、いつかきっとそんな日も来るのだと信じています。
posted by 佐恵子 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

贈り物

あの日からもう、3年。
2006年、つま恋の秋風はとてもさわやかで、それまでの私をリセットしてくれた。
あの日のみんなは、今どうしているのだろう。
私は、ある覚悟をして、3年間を過ごしてきたけど、まさかこんなふうにあわただしく、追いつめられることになろうとは、想像もしていなかった。それでも、あの日があったから、今の私があるのだと思える。

つらくなると思い出す、私に拓郎を教えてくれた人のこと。あの人の分まで、懸命に生きなければ。

今日はある著名な方と、拓郎さんのことを話しました。その方も密かに拓郎ファンのようです。スケールの大きなその方は、少しもえらそぶることなく、気さくにお話ししてくださいました。そんな方とお話しできるようになったのも、拓郎さんの縁です。

たくさんの贈り物をもらいました。自分でも驚くくらい、心が強くなりました。内心は、自分がいつか壊れそうでひやひやすることもあったけれど、なんとか、なんとか乗り切れそうです。

また、いつかみたいにお花を贈ろうかしら。精一杯のメッセージも添えてね。
拓郎さんに恋していることが、私の活力なのです。
posted by 佐恵子 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

涙を流してみよう

関係者の皆さんには、本当にご協力いただき、心から感謝しています。特に、会場予約から、イベント当日まで、校務ご多忙のなかお集まりいただいた役員の先生方には、大変お世話になりました。無力な私を助けてくださり、心を尽くしてくださいました。お蔭様で何とか無事に大会を終えることができました。本当にありがとうございます。
終わってみればあれもこれもと行き届かず、ご迷惑をおかけしたことばかりが思い出され、せっかくの皆さんのご協力を十分に生かせるイベントにできなかったことが悔やまれます。全ては私の配慮不足でした。
この場をお借りしてお詫びいたします。惜しみないご協力をいただいたのに、力不足で申し訳ありませんでした。
様々な課題を残したイベントでしたが、来年には活かせるように、また頑張りますので変わらぬご協力をよろしくお願いします。

来週の会議でのあいさつ。言い訳はしない。
「こうき心」が、なぐさめてくれるから。もう、ふっきれたから大丈夫。
本当は精一杯頑張ったと思っているから大丈夫。でも、大成功とはいかなかったけど。それは悔しいけど。

♪涙を流してみよう 今悲しみの中にあっても
涙をこらえて生きてゆく 強い人間だったとしても
涙を流してみよう 瞳をぬらしてみよう

拓郎さんも、もう元気になれたかな。楽しんで歌えるようになるまで、
好きなように過ごしてほしい。謹慎なんてしないで、ハワイでも行ってしまえばいいのにね。
ファンのためじゃなくて、自分のために歌ってよ。歌いたくなければそれでもいいのよ。苦しみながら生きてることが、すてきなんだから。
有終の美なんてどうでもいいのよ。終わりじゃないんだから。これまでやってきたことが、十分かっこいいんだから。
今でも、私を救ってくれてるから。
posted by 佐恵子 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

悲しい歌が聞きたくて

「分からない人に、何度言っても通じない。その人一人にこだわるよりも、分かってくれた多くの人に感謝して、心を尽くしなさい。」
「今すぐに、分かり合おうなんて無理なのよ。でも、いつかきっと分かってもらえるときが来る。結果を急いではいけない。」
先輩の言葉には、説得力があって、心が動かされて、また涙。

悲しい歌が聞きたくなって、心が少し風邪気味です。
もう、つらかったことは忘れてしまおう。嫌われたっていい。
応援して、協力してくれた人がたくさんいたのだから。
どう思われても、何を言われても、いい。

最後の最後まで、私は私を貫くだけ。
posted by 佐恵子 at 00:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

あなたのままで

「あなたの信じる道を進みなさい。」
「失敗しても、自分を裏切らなければそれでいい。」

立ち止まって動けなくなった私に、励ましの言葉。

あと少し、あと少し、死ぬ気でやってみる。

分かってくれる人が、一人いればそれでいい。


先週から、夏風邪で気管支炎になっていました。
誰かといっしょ。
気管支を広げる薬や、胸に貼るシールなどを使いました。息苦しくて、せきもひどくて、熱も38度出て。でも、仕事は休めず、薬を飲みながらなんとかやりすごしました。ドリンク剤と、スポーツ飲料だけで、フラフラでした。きっとあの人も、こんなだったんだろうな。つらかったんだろうな。
これじゃあ、とても歌えないよ。息をするのがやっとだもの。

私はやっと少し、食べれるようになりました。今倒れるわけにはいきません。

このイベントを成功させることが、今の目標。そのためなら、何でもしよう。誰にでも、頭を下げて、ばかになって、自分を捨てて。私にできること全てをやってやろう。
今まで、頑張って積み重ねてきたのだから。

あと1週間。死にものぐるいで、突っ走ります。
posted by 佐恵子 at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

今は恋とはいわない

あなたの大切なものは何。
私は、どうなんだろう。

この頃はとてもピリピリしているね。

私が仕事に夢中になればなるほど、
心が離れていくようで。

これから先、どうしていいのか、どうしたいのか。

あなたに甘えすぎていたのかもしれない。
優しいあなたなら、なんでも許してくれそうで、
一番の応援者だったから。


年月は人を変えてしまうね。

私達、それぞれしがらみや責任が多くなって、余裕がない。

ほんとの気持ち話そうよ。

いつものあなたは好きだから。

posted by 佐恵子 at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

井上陽水コンサート

yousui.JPG5月15日、井上陽水のコンサートへ行ってきました。なつかしい曲がたくさん歌われて、あの頃を思い出しました。
陽水さんの、のびやかでつややかな声は、あの頃と少しも変わらず、セクシーでした。この色っぽさが女性に受けるのでしょう、随分女性が多いのに驚きました。
「氷の世界」では、ハーモニカの演奏もされ、ノリノリの陽水さんに私も思わず立ち上がり、踊りだしてしまいそうでした。「帰れない二人」の弾き語りもせつなくて素敵でした。アンコールではファンの方達のコーラスもあって、羨ましい限りでした。
リバーサイドホテル、ジェラシー、改めて惹き込まれる曲だと思いました。

「40周年を迎えられたのも、皆さんのご支援の賜物」という妙に改まったあいさつも陽水さんらしくて、楽しかったです。

この頃また、訳もなく忙しくて、少し風邪気味の私でしたが、陽水さんのつやめきにふんわり包まれて、歌ったり踊ったりしたら心が軽くなりました。音楽のちからってすごいですね。
また機会があれば、行きたいコンサートです。
posted by 佐恵子 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

心のビタミン

連休が終わりました。
あわただしかった日々から少し遠ざかって、心の連休を過ごすことができました。
一人でゆっくりショッピングに出かけたり、姑と主人とで温泉に行ったり、押入れやたんすの中を片付けたり、そうそう、ハイビスカスも買ってきて植えました。

昨日はラジオも聞きましたよ。なんと、私のリクエスト「季節の花」で読まれたのです。ラジオネームはひまわり。誕生日の日にリクエストのメールをしたので、「今日は私の50回目の誕生日です。」と。
そこだけしか読んではもらえませんでしたが、うれしかった。
「去年は広島で、拓郎さんに花束を渡せて、夢のようでした。今年も広島で会える日を心待ちにしています。コンサートの成功をお祈りします。」と、そこまで読んでほしかったな。
でもラジオの前で一人で大騒ぎしてしまいました。

若い頃の拓郎さんも迫力があってすごいです。元気ですも、ライブ73も、人間なんても、サマルカンドブルーも、吉田町の歌も、全部好きです。でもやっぱり私は、豊かなる、からの拓郎さんがいいです。
歩道橋の上で、と、午前中に、、、が今のベストです。

特に遠出もしなかったけれど、心にビタミンをもらったような良い連休でした。

ハイビスカスがきれいに咲いてくれるかな。
posted by 佐恵子 at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

50回目の誕生日

今日はちょっといいことがありました。
緑が目にしみるくらいきれいな日で、尿路結石で手術した愛犬と、久しぶりにお散歩ができました。傷口からたくさん出血したり、食欲がなくなったり、思うように動けなくなって泣き続けたりしていたのですが、やっと少し元気になってきました。ゴールデンウィーク明けには、首のカバーもはずせそうです。愛犬レオは、大切な友達です。

今年になって、またいろんな人との出会いがありました。スケールの大きな方との出会いは、私に希望を与えてくれました。ほんの少しですが、先に明りが見えてきました。

今日で50歳になりました。
これからの私、どうなっていくのか、自分でもまだよくわかりません。どうなりたいのかを模索していくのかもしれません。
この頃は休日も家で仕事をしています。それも当たり前になってきました。不思議と遊びたいとか、出かけたいとか、思わなくなりました。
50歳になって、やっと少し大人になれたような気がします。これまで出合ったことのない人たちと係ることが楽しくなっています。
若い頃は、やらされていた勉強を今は、自分のものにしたいと思っています。まだまだ、これからです。

おだやかな、優しい日射し。家族が健康で、いつもどおりの平凡な日が良い日です。50代も輝いていたいものです。

拓郎さんのページの「季節の花」携帯の待ち受けにしました。それも、いいことです。
posted by 佐恵子 at 23:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

元気です!

東京へ日帰り出張、主人の父の三回忌と、 あわただしく過ごしているうちに、桜も散り新緑の季節が始まっていました。
大切な人との別れがあり、新年度がスタートしました。責任に伴う不安を抱えて。それでも前を向いて進むしかありません。良い結果を出すためには、頭を低くして、時には強気にリーダーシップを発揮していくつもりです。私を育ててくれた人の真心を忘れないで。

♪出会いや別れに 慣れてはきたけれど
一人の重さが 誰にも伝わらず
どこかへ旅立てば 振り返りはしない
それでも この街へ 心を静めたいと
そうだ 元気ですよと 答えたい

別れの淋しさも、伝わらないはがゆさも、身勝手な人の腹立たしさも、何もかも呑み込んで、今日も私
元気です!

♪私も今また 船出のときです
言葉を選んで 渡すより
そうだ 元気ですよと 答えよう
posted by 佐恵子 at 13:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

動けない花になるな 夢吹く風になれ

花.JPG
みんな巣立っていきました。2年間で、若者達になにかを伝えることができたかどうか。これから社会に出て何年かしてわかることなのかでしょう。
夢を持ちにくい世の中ですが、彼らは美容の仕事が好きだから、きっとつらくても頑張って、夢に向かって進んでくれると信じています。
私にとっては、最後の昼間課程の卒業生。いつものように「ローリング30」の詩を抜粋したメッセージカードを贈りました。



私は、大きな心で育ててくれた人をこれからも大切に、誠実に、真心で過ごしていきたいと、改めて思うのです。そうでなければ、拓郎さんの歌を真っ直ぐな心で受け止めることはできません。楽しく口ずさむこともできません。

♪振り向いた昨日に恥じないように

仰ぎ見る明日に恥じないように


この曲が汚れそうになった私を救ってくれました。
posted by 佐恵子 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

情熱

いろんな人の想いを受け止めて
だんだん心が硬くなって、身動きできなくなりそう。
もっと強く信念を貫かなければ。

誰にも分かってもらえなくても、なんの評価ももらえなくても
自分で納得できればそれでいい。

私らしく、私のやりかたで。


人と争うのは嫌い。闘うのも。

それでも、成し遂げるにはそれも免れないこともある。

なんとか回りを巻き込んで、なんとか成功させたい。

「人を動かすのは、最後は人」
その言葉を信じて、静かに情熱を注ぎます。
posted by 佐恵子 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

もう春だね

次々と追われているうちに2月になっていました。
大きな仕事が一つ終わりました。でもまだまだこれからが大変です。
いつの間にか、なんにも言えなくなりました。なんにも書けなくなりました。心に蓋をして、なんにも感じないふりをして、淡々と仕事ばかりに没頭しています。
私の職場はあと一年半で他の所と統合になります。最後を締めくくるのは私です。最後まで、誇りをもって勤めたいと頑張っています。
全国規模のイベントにも関わっています。なんとか成功させたいものです。

拓郎さんのページも三回くらいしか見ていません。でも元気そうで安心しました。とりとめのない、今、の拓郎さんを知ることができて嬉しいですね。
立春を過ぎ、暦のうえではもう春。少しずつ日差しが明るくなって、本当の春に近づいていくのですね。

たくちゃんが楽しみをくれるから、なんとかやってゆけそうです。
posted by 佐恵子 at 00:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

今年の決意

子供地蔵0001.JPG

かわいくて、心おだやかにしてくれそうなお地蔵様でしょ。
美術の先生の作品です。

お正月3が日が終わります。家族みんなで食事をしたり、昨日は 神社に初詣に出かけたりしました。いつもと変わらない穏やかなお正月です。



「自分を抑えて、人の為に尽くす喜び」が私の今年のテーマです。
そうせざるをえない状況に追い込まれそうだから。でも大変なことの中にも私なりの楽しみを見つけて、面白がってやって行こうと思います。何のためなのか、誰のためなのか。多分私自身の証のため。
友達と会える時間もなくなって、家族に優しくできる余裕もなくなるかもしれない。孤独になって、つらくなるかもしれない。それでも、これまで不完全燃焼だった私が今年から来年にかけて、完全燃焼できそうというか、したいのです。
毎日、職員室の入り口にこのお地蔵様がおられます。あどけなさと、穢れなさと、優しさと、おだやかさに救われています。
posted by 佐恵子 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする